作成者別アーカイブ: Jlaf_staff

清水裕子ウェビナー「ブルージュでの個展を振り返る」のお知らせ Hiroko Shimizu Webinar 'Looking Back on My Solo Exhibition in Bruges'

English guide follows Japanese →click here
■ 概要 ■
清水裕子は、日本のカリグラフィー界をリードする卓越した存在であり、その個性的な作品は日本のみならず世界にも影響を与え、高い評価を得ています。2021年8月から3ヶ月間、ベルギーのブルージュ、マンナ・アート・センターで清水裕子の個展が開催され、成功裏に幕を閉じました。これは彼女にとって初めての個展でした。このウェビナーでは、個展開催が決まるまでの経緯に始まり、展示作品の様子紹介から、いくつかの作品については制作過程も説明します。また、15年間にわたる作品を展示したことで新たに気付いたことや、印象に残った体験談などにも触れます。展示をご覧になれなかった方はもちろん、ご覧になった方にも興味深い内容のトークです。


■ 詳細 ■
タイトル:「ブルージュでの個展を振り返る」

開催日時:いずれも日本時間
A: 2022年1月29日(土) 20:00~21:30 日本語 1月29日の回は定員一杯となり申込みを締め切りました
B: 2022年2月5日(土) 20:00~21:30 英語 2月5日の回は申込みを締め切りました
(レクチャーの内容は同じです)
ウェビナー当日にご参加できない場合でも、お申込みいただいていれば、後日期間限定で録画視聴していただけます。
お申込いただいた方には、イベント終了1週間以内に録画のリンク先を記載したメールをお送り致します。

参加者定員: 各回 先着80名

参 加 料 J-LAF賛助会員: 1,800円 (12月13日現在会員の方に限ります)
一般: 2,000円
● 国内のお支払い:銀行振込
● 海外からのお支払い:PayPal

☛ お申し込みはこちらから


受付後の手続:
・受付後、完了メールにて参加料の支払方法と受講までの流れについてご案内いたします。
・指定期日までに参加料の入金が確認された方に、参加のためのアクセス情報をセミナー開催日の前日までに配信いたします。

※ 期日までに参加料の入金が確認できない場合には、参加できません。

1時間経過しても自動返信メールが届かない場合は、お手数ですが、webinar◎j-laf.orgまでご連絡をお願いいたします。(◎ を @ に変換してください。)
ご連絡いただく際は、必ずお名前、送信日時、メールアドレスを明記してください。

お問い合わせ先:webinar◎j-laf.org(※◎を@に変換してください。)

<講師プロフィール>
清水裕子 Hiroko Shimizu

兵庫県在住カリグラファー、講師、レターカッター。1994年にボストンでカリグラフィーと出会い、帰国までの3年間、カリグラフィーに没頭する。その後、海外講師のワークショップやインターナショナルカンファレンス、シンポジウムに参加して研鑽を積む。1998年以降定期的に教えており、国内各所でワークショップを行っている。彼女の特徴である柔軟性は、作品だけでなく、指導方法にも反映されている。彼女の作品は、2002年以降Letter Arts Review年鑑に頻繁に選ばれ、国際的に展示されている。芦屋市でStudio Letter Artsを主宰し、NPO Japan Letter Arts Forum副代表理事を務めている。
https://studio-letterarts.com/

 

Shimizu Hiroko Webinar Information

■ Webinar Title: 'Looking Back on My Solo Exhibition in Bruges'

■ Outline
Hiroko Shimizu is an exceptional leader in the Western calligraphy world in Japan. Her unique works are highly acclaimed and influential not only in Japan but also worldwide. For three months from August 2021, Hiroko Shimizu's solo exhibition was successfully held at the Manna Art Center in Bruges, Belgium. This was her first solo exhibition. In this webinar, she will start with the background stories before the decision to hold the exhibition, then introduce the exhibited works, and explain the process of making some of them. She will also talk about what she has noticed after exhibiting the works she has created over the past 15 years and her impressive experiences. This talk will be of interest to those who were not able to see the exhibition as well as those who did.

■ Schedule:
A: Saturday, 29 January 2022 20:00 – 21:30 (Japan Time) Japanese only Registration closed
B: Saturday, 5 February 2022 20:00 – 21:30 (Japan Time) English only Registration closed

※ The content of two seminars is the same. Please choose either A or B.

Even if you are unable to join on the day of the webinar, you will be able to watch the recording later for a limited time only if you have signed up.
Those who register will receive an email with a link to the recording within a week of the event.

■ Capacity: 80 for each seminar

■ Registration Fee
J-LAF Supporting Members: 1,800 JPY (Must be a member as of 13 December 2021)
Others: 2,000 JPY

■ Payment Method: In Japan – Bank Transfer / International - PayPal

■ Apply
Enter and submit the application form below
☛ Click here for Overseas application

■ Procedures after submitting your application:
* You will receive a confirmation email with information on payment.
* After confirming your payment, we will send you an email with information on accessing the seminar by the day before the scheduled seminar.
* If we are unable to confirm your payment by the due date, you will not be able to join the seminar. Your understanding is appreciated.

If you do not receive an automatic reply after one hour, please contact us at webinar@j-laf.org.
Please make sure you include your name, date and email address when you contact us.

Contact information (for inquiries)
webinar@j-laf.org

<Tutor’s Biography>

Hiroko Shimizu is a calligrapher, teacher and letter cutter living in Hyogo, Japan. She started calligraphy in 1994 while living in Boston and enthusiastically learned it for 3 years until returning to Japan. She continued to actively study it afterward by participating in workshops, international conferences, and symposiums oversea. She has been teaching regularly since 1998 and doing workshops in major cities in Japan. Her characteristic flexibility is reflected not only in her work but also in her teaching style. Her work has been frequently selected for Letter Arts Review Annual since 2002 and exhibited internationally. She runs Studio Letter Arts in Ashiya, and is a deputy executive director of NPO Japan Letter Arts Forum. https://studio-letterarts.com/

ティモシー・ノード:ウェビナー「Herald Painter and Scrivener (紋章画家と写字者)」開催のお知らせ

2020年4月に開催予定でしたティモシー・ノード氏のカリグラフィーワークショップは、コロナ禍のため、未だ延期を余儀なくされております。長期にわたるワークショップの延期を鑑み、ワークショップ開催時に予定していましたスライドレクチャー「Herald Painter and Scrivener (紋章画家と写字者)」をウェビナー(オンラインセミナー)として、先行開催することとなりました。ティモシー・ノード氏の多岐に渡る素晴らしい作品の数々を画像で見ながら、その作品にまつわるストーリーをご本人の言葉で語っていただきます。

 

“Timothy Noad Calligraphy Workshop” originally scheduled in April 2020 still remains in postponed situation due to current COVID-19 pandemic. Considering this long postponement of the workshop, we will hold the slide lecture “Herald Painter and Scrivener” scheduled during the workshop on a webinar style (online seminar) in advance.
We are proud to announce and host the online seminars in which Timothy will talk about his various outstanding artworks in his own words along with a video presentation.

 

ウェビナー開催の詳細は以下のリンクからご確認ください!                                      Click the link below to check the details of the Webinar!

和文詳細はこちら
English Contents is linked here

*******************************************************************

★ワークショップ参加確定後、待機していただいている皆さまへ★

ワークショップにつきまして、現状では、開催日程を確定はできない状況ですが、2022年の秋に開催できるよう、講師と調整を続けております。開催日程を確定できる状況になりましたら、改めて、ご報告させていただきます。また、ワークショップ開催時のスライドレクチャーにつきましては、講師と相談のうえ、別のテーマにて準備を進めて参ります。ご理解とご了承のほど、よろしくお願いいたします。

Message to those who were to participate in the postponed workshop

For workshop rescheduling, it is too difficult to have fixed date in current situation, but we keep communicating with Timothy Noad to find the sure possibility to hold it in autumn season in 2022. We will update you when we will be able to fix the dates of the workshop. And regarding the slide lecture during the workshop, we will discuss it with the lecturer and prepare for another theme. Your understanding is much appreciated.

 

ワークショップ担当:久賀 真弓 (Mayumi Kuga)

ティモシー・ノード ウェビナー申込みスタート Timothy Noad Webinar Application Start

ティモシー・ノード ウェビナー『Herald Painter and Scrivener (紋章画家と写字者)』の申込みをスタート致します。会員種別を問わず、一斉申込みスタートです。

【9月6日19:00を以って、全申込受付を終了いたしました】

  • 9月11日(土)開催 英語のみウェビナー (参加料支払締切:9/6(月)を以って)
  • 9月18日(土)開催 通訳付きウェビナー (満席)

(^.^) 沢山お申込みをいただき、ありがとうございました (^.^)

******************************************************************

2021年8月2日(月)22:00(日本時間) 一斉受付開始
☛ 申込みフォームでのお申し込みはこちらから

Application for Timothy Noad Webinar “Herald Painter and Scrivener” starts. It is simultaneous start for all applications.

Start time: Monday, 2 August 2021 22:00 (in Japan Time)
☛ Click here for application with English support
All details of Application are guided via this link

****************************************************************

ティモシー・ノード ウェビナーでは、同じ内容のレクチャーを、「英語のみ」「通訳付き」の2回開催いたします。ご希望の回を選んで、お申込みください。

【申込み方法】
上記リンクから申込みフォームにアクセスし、必要事項をもれなく記載のうえ、送信してください。先着順にて受付けます。

※申込みフォームは、このお知らせの掲示と同時に入力ができるようになりますが、受付け開始時刻の22:00より前に送信されたものは無効になりますので、ご留意ください。
※申込みに英語のサポートが必要な方以外、直接メールをいただいてもお申込みはできません。必ず、リンクされた申込フォームでお申し込みください。

※スマートフォンから申込みをされる場合、画面操作に問題が無ければ申込みは可能ですが、ご連絡時には添付ファイルが含まれるメールの配信もございますので、連絡先のメールアドレスには、添付ファイルを受信可能なアドレスをご指定ください。

※スマートフォンからの申込みの際、ご希望のセミナーのチェックがきちんと入っていることをご確認のうえ、申込ボタンをクリックしてください。

※申込みフォームより送信後、自動返信メールが届きます。
●お申込み後の手続きをご案内していますので、ご確認ください。
●1時間経過しても自動返信メールが届かない場合
お手数ですが、webinar◎j-laf.orgまでご連絡をお願いいたします。(◎ を @ に変換してください。)
ご連絡いただく際は、送信データとの照合のため下記1〜3を明記してください。
1:送信日時 2:お名前 3:メールアドレス

本ウェビナーに関するお問い合わせは、webinar◎j-laf.orgへお願いいたします。(※◎を@に変換してください。)

ウェビナー担当: 久 賀 真 弓

ティモシー・ノード ウェビナーお申込みに関するご案内 Application Guide for Timothy Noad Webinar

English guide follows Japanese

7月11日(日)に開催告知をいたしましたティモシー・ノード ウェビナーの申込み方法について、ご案内いたしますので、ご確認ください。多くの方のお申込みをお待ちしております。

■ 詳 細 ■
タイトル:「Herald Painter and Scrivener (紋章画家と写字者)」
開催日時
A: 2021年9月11日(土) 20:00 – 21:30 (日本時間) 英語のみ
B: 2021年9月18日(土) 20:00 – 22:00 (日本時間) 日本語通訳付き
※ 2回とも同じ内容です。AかBのどちらかを選択して、お申込みください。
参加者定員: 各回 先着80名
参 加 料: J-LAF賛助会員 1,800円 / 一般 2,000円
・ 国内のお支払い:銀行振込
・ 海外からのお支払い:PayPal

■ 申込方法 ■
受付開始日時2021年8月2日(月) 22:00 (日本時間)
※当日、事前に、申込フォームをウェブサイトで公開いたします。

● J-LAFウェブサイト掲載の申込フォームに必要事項を入力し送信
※ 会員・一般ともに同時受付開始
※ 開始時間前に届いた申込は無効になります。ご注意ください。

■ 受付後の手続 ■
・受付完了メールにて、参加料の支払方法とZoomの設定についてご案内
・指定期日までに参加料の入金が確認された方に、セミナー開催日前日までに参加のためのアクセス情報を配信
※ 期日までに参加料の入金が確認できない場合には、ご参加いただけません。

このセミナーに関するお問い合わせはwebinar◎j-laf.orgまで
(※◎を@に変換してください。)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
We would like to inform you of the application guide for Timothy Noad Webinar which was announced on 11th July 2021. We look forward to many applications for this webinar.
■ Seminar Information ■
Seminar Title: Herald Painter and Scrivener
Schedule:

A: Saturday, 11 September 2021 20:00 – 21:30 (Japan Time) English only
B: Saturday, 18 September 2021 20:00 – 22:00 (Japan Time) English with Japanese translation
※ The content of two seminars is the same, so please choose either A or B.

Entry Capacity: 80 for each seminar (first-come-first-served basis)
 Registration Fee: J-LAF Supporting Members 1,800 JPY / Others 2,000 JPY
● Payment Method: In Japan – Bank Transfer / International – PayPal

■ Application ■
● Begins on Monday, 2 August 2021 22:00 (Japan Time) for all applications
In Japan – Enter and submit the application form linked with the notice on J-LAF website
From outside of Japan (for English Assistance):
→ Send an email to membership_f@j-laf.org
→ Email should include Full Name, Email Address, and Choice of Seminars
※ Please kindly be noted, applications arrive before the start time should be invalid.
◆ Link for Time Difference Check:
https://www.timeanddate.com/worldclock/converter-classic.html
■ Procedures after submitting your application ■
● You will receive a confirmation email with information on payment and Zoom account setting.
● After your payment is confirmed, you will receive an email with information on accessing the seminar before the scheduled seminar.
※If we are unable to confirm your payment by the due date, you will not be able to join the seminar. Your understanding is appreciated.

If you have any questions about the seminars, please contact us at membership_f◎j-laf.org. (Enter @ instead of ◎, when you send an email.).

ウェビナー担当: 久賀 真弓
Webinar Organizer: Mayumi Kuga

ティモシー・ノード(Timothy Noad) 「カリグラフィーWS」2020

ウェビナー「Herald Painter and Scrivener (紋章画家と写字者)」開催のお知らせ 2021.07.11

『ティモシー・ノード:ウェビナー「Herald Painter and Scrivener (紋章画家と写字者)」開催のお知らせ』をNewsのページにアップしました。


ワークショップ 開催延期 2020.03.01

2020年4月に開催予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で、開催を延期させていただきました。日英間の渡航制限の解除や就労VISAの申請の再手続き、講師の希望等も含めて現状の推移を見守りつつ、2021年3月の開催を目途に検討を進めています。
再開催日程については、確認が進みましたら改めてごご報告いたします。


詳細・申込み要項のご案内 2019.11.10

『ティモシー・ノード「カリグラフィーWS」2020 詳細・申込み要項のご案内』をNewsのページにアップしました。


開催のご案内 2019.10.1

2020年4月に、イギリスよりティモシー・ノード氏を講師に迎え、ワークショップを開催いたします。初来日です。

ティモシー・ノード氏は、カリグラフィーへの造詣もさることながら、紋章制作、装飾芸術や細密画制作における現代の第一人者であり、王室認可証書や記念コインのデザイン・作成など、英国王室の公的業務にも多く携わっているアーティストです。英国王立造幣局(The Royal Mint)が2018年に発行した王室4世代のイニシャルを刻んだ記念コイン(5ポンド)は、彼のデザインによるものです。彼の芸術家としてのフィールドは多岐に渡っています。
また、近年、彼のイルミネーションの表現は植物や動物のモチーフに留まらず、イスラミックな表現の世界へも幅を広げています。
多岐に渡る作品を、彼のウェブサイトにてご覧ください。
https://www.timothynoad.com/

今回は、東京で2コース(3日コースと2日コース)、大阪で1コース(2日コース)、合計3講座とスライドレクチャーを各1回ずつ開催いたします。ワークショップ3講座は全て内容が異なります。

■東京開催ワークショップ
1) Heraldry (紋章作成クラス)
2) Illuminated Design based on a Japanese “mon”, in gold and colours
(日本の”紋”をベースに金と絵具で描くイルミネーション)
※東京開催の1) Heraldryのみ3日クラスです。

■大阪ワークショップ
3) An Illumination based on a stylised animal or flower inspired by design in medieval bestiary manuscripts but in a more modern style
(中世の動物寓話集のデザインを基に図案化した動物や花のイルミネーションにモダンな表現を加えて)

■スライドレクチャー(東京・大阪)
タイトル: Herald Painter and Scrivener (紋章画家と写字者)
ティモシー・ノード氏の経歴を彩る作品の数々を画像で見ながら、その作品にまつわるストーリーを聞かせていただきます。

※東京・大阪の両会場ともに、同じ内容で開催いたします。

講座内容及び募集の詳細等については、11月初旬にウェブサイトでお知らせする予定です。

ワークショップ担当: 久賀 真弓

<講師プロフィール>
Timothy Noad (ティモシー・ノード)
カリグラファー、写本装飾画家、コイン・メダルデザイナー
SSI(Society of Scribes and Illuminators)フェロー会員
CLAS(the Calligraphy and Lettering Arts Society)名誉会員
Letter Exchange正会員
(いずれもイギリスのカリグラフィー団体)

ロンドン西部、ミドルセックス在住。牛革のヴェラムにフォーマルなカリグラフィーと装飾を施した書面や贈呈・授与を目的とした巻物の制作を専門としている。
プロのカリグラファー、装飾美術・紋章美術のアーティストとしてのキャリアは30年以上に渡る。伝統的技術、現代的技術、双方に対する深い知識と、紋章、象徴主義、歴史的背景や自然史への深い理解に基づいて使う素材の組合せがもたらす、彼の優雅で緻密な作品は、世界的に高い評価を受けている。

1986年にThe East Surry College(Reigate School of Art and Design)を卒業後、ロンドンにあるCollege of Arms(英国紋章院)に紋章作家・カリグラファーとして勤務。公的な紋章や家系図の制作、様々な顧客の様々な目的に合わせた紋章のデザインに携わっている。紋章院のウェブサイトでは、しばしば、彼の作品が画像で掲載されている。また、彼はHM Crown Office at the House of Lords(英国貴族院・大法官庁 国璽部)においても、カリグラファー・装飾芸術家として、多くの重要な特許文章の発行に携わっており、それらの中には、エリザベス女王陛下の名の下に発行される装飾を施した勅許や貴族院・最高裁判所が発行する任命書などがあるが、ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚承諾書も彼の手による。

彼の歴史に対する探究心によって、Birkbeck, University of London(ロンドン大学バークベックカレッジ)での修学、及び、Courtauld Institute(コートールド美術研究所)における15世紀からの絵画と写本装飾の研究による修士号取得に到った。そこで得た知識により、歴史的な写本や装飾画の再現・複製にも取組む。その活動がテレビ番組となったことがある。

また、英国王立造幣局(The Royal Mint)が発行するコインやメダルのデザインにおいても功績を上げている。1ポンドコインのデザイン、エリザベス女王の即位50周年記念、60周年記念のメダル、英国王室4世代のイニシャルを刻んだ記念コイン(5ポンド)などのデザインを担当。

彼の作品の多くは、エリザベス女王をはじめとする王室の方々や著名な人々及び団体からの依頼によるものである。最近では、ウェストミンスター大修道院、クライスト・チャーチ、オックスフォード、イートンカレッジ、ロンドンの同業組合、サザビーズ、ヒ ストリックハウス協会などから。また、彼の作品の一部はロイヤルコレクション、ビクトリア&アルバート美術館、ケンブリッジのフィッツウィリアム美術館に所蔵されている。リッチフィールド教会、ゴールド・スミス・ホールやテート・ブリテンなどで展示されたものもある。

著書:
The Art of Illuminated Letters (with Patricia Seligman 1994)
The Illuminated Alphabet; Mastering Calligraphy (1996)

講師ウェブサイト:https://www.timothynoad.com/

ユアン・クレイトン ウェビナー申込みスタート

ユアン・クレイトン ウェビナー『Writing: Making Your Mark』の申込の受付をスタートします。
今回は、会員種別を問わず、一斉申込みスタートです。

2021年3月22日(月)22:00 一斉受付開始

ユアン・クレイトン ウェビナーでは、同じ内容のレクチャーを、「英語のみ」「通訳付き」の2回開催いたします。ご希望の回を選んで、お申込みください。

★4月17日(土)英語のみの開催、24日(土)通訳付き開催共に、受付を締切りました。

☛ 申込みフォームでのお申し込みはこちらから
☛ Click here for application with English support

【申込み方法】
上記リンクから申込みフォームにアクセスし、必要事項をもれなく記載のうえ、送信してください。先着順にて受付けます。

※申込みフォームは、このお知らせの掲示と同時に入力ができるようになりますが、受付け開始時刻の22:00より前に送信されたものは無効になりますので、ご留意ください。

※申込みに英語のサポートが必要な方以外、直接メールをいただいてもお申込みはできません。必ず、リンクされた申込フォームでお申し込みください。

※スマートフォンから申込みをされる場合、画面操作に問題が無ければ申込みは可能ですが、ご連絡時には添付ファイルが含まれるメールの配信もございますので、連絡先のメールアドレスには、添付ファイルを受信可能なアドレスをご指定ください。

※スマートフォンからの申込みの際、ご希望のセミナーのチェックがきちんと入っていることをご確認のうえ、申込ボタンをクリックしてください。

※申込みフォームより送信後、自動返信メールが届きます。
●お申込み後の手続きをご案内していますので、ご確認ください。
●1時間経過しても自動返信メールが届かない場合
お手数ですが、webinar◎j-laf.orgまでご連絡をお願いいたします。(◎ を @ に変換してください。)
ご連絡いただく際は、送信データとの照合のため下記1〜3を明記してください。
1:送信日時 2:お名前 3:メールアドレス

本ウェビナーに関するお問い合わせは、webinar◎j-laf.orgへお願いいたします。(※◎を@に変換してください。)

ウェビナー担当: 久 賀 真 弓

ゴードン恵美「レターカッティング・ワークショップ2020」

開催延期のお知らせ 2020.6.5

2020年11月に開催予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で、開催を延期させていただきました。
先行きが依然として不透明な状況であるため、現時点での募集は見送らせていただきます。
ご参加を検討してくださっていた皆様には心よりお詫び申し上げます。
なお、次回開催は2021年秋を予定しております。


開催のご案内 2020.3.16

今秋、第8回目となる「ゴードン恵美レターカッティング・ワークショップ2020」を開催いたします。
東京・神戸の2会場で下記の日程で開催いたします。

東京会場:2020年11月21日(土)~23日(月・祝)
神戸会場:2020年11月25日(水)~27日(金)

それぞれワークショップ3日間とスライドレクチャーを行います。

詳細および募集要項は5月中旬にJ-LAFウェブサイトにて お知らせする予定です。

皆様のご参加をお待ちしております。

<ゴードン恵美プロフィール>
1995年にカリグラフィーを東京で習い始める。翌年、トーマス・イングマイヤー氏のワークショップを受講し海外でカリグラフィーを学ぶ事を決意。2年の準備期間を経て、97年に渡英、98年にUniversity of Surrey Roehampton のカリグラフィー・ディグリー(学位)コースに入学。2001年に卒業後、2002年にケンブリッジにあるレターカッティング工房であるカードーゾ・キンダスリー・ワークショップ(Cardozo Kindersley Workshop)に入門。2006年に長女出産のため退職するまでの4年半勤務。現在は独立し、主にレターカッティングの仕事を続ける。2002年から2004年までSSIのAdvanced Training Schemeに参加。Sue HuftonやTom Perkinsなど多数のカリグラファー、レターカッターのワークショップやレクチャーに参加。2011年よりCambridge Open Studiosで作品を展示。The Lettering Arts Trust 主催の作品展 には過去3年連続参加。2020年6月から9月まで開催される『Edge of Extinction UK』(The Lettering Arts Trust主催)作品展に参加予定。日本でのレターカッティング・ワークショップは今年で8回目の開催となる。

講師関連サイト
Cambridge Open Studio https://www.camopenstudios.co.uk/
Memorials by Artists http://www.memorialsbyartists.co.uk/home/

ゴードン恵美「レターカッティング・ワークショップ2020」開催のご案内

今秋、第8回目となる「ゴードン恵美レターカッティング・ワークショップ2020」を開催いたします。
東京・神戸の2会場で下記の日程で開催いたします。

東京会場:2020年11月21日(土)~23日(月・祝)
神戸会場:2020年11月25日(水)~27日(金)

それぞれワークショップ3日間とスライドレクチャーを行います。

詳細および募集要項は5月中旬にJ-LAFウェブサイトにて お知らせする予定です。

皆様のご参加をお待ちしております。

<ゴードン恵美プロフィール>
1995年にカリグラフィーを東京で習い始める。翌年、トーマス・イングマイヤー氏のワークショップを受講し海外でカリグラフィーを学ぶ事を決意。2年の準備期間を経て、97年に渡英、98年にUniversity of Surrey Roehampton のカリグラフィー・ディグリー(学位)コースに入学。2001年に卒業後、2002年にケンブリッジにあるレターカッティング工房であるカードーゾ・キンダスリー・ワークショップ(Cardozo Kindersley Workshop)に入門。2006年に長女出産のため退職するまでの4年半勤務。現在は独立し、主にレターカッティングの仕事を続ける。2002年から2004年までSSIのAdvanced Training Schemeに参加。Sue HuftonやTom Perkinsなど多数のカリグラファー、レターカッターのワークショップやレクチャーに参加。2011年よりCambridge Open Studiosで作品を展示。The Lettering Arts Trust 主催の作品展 には過去3年連続参加。2020年6月から9月まで開催される『Edge of Extinction UK』(The Lettering Arts Trust主催)作品展に参加予定。日本でのレターカッティング・ワークショップは今年で8回目の開催となる。

講師関連サイト
Cambridge Open Studio https://www.camopenstudios.co.uk/
Memorials by Artists http://www.memorialsbyartists.co.uk/home/

ティモシー・ノード カリグラフィーワークショップ 開催延期のお知らせ

4月に開催を予定していました「ティモシー・ノードカリグラフィーワークショップ」について、コロナウィルス問題の回避のため、開催の延期を決定いたしました。
本ワークショップにお申込みいただき、準備を進めて下さっていた参加者の皆さまには、大変申し訳なく、深くお詫び申し上げます。

参加が確定していた皆さまには、2月29日に、メールにて、延期のご案内をお送りいたしました。
ご確認くださいますよう、お願いいたします。

延期後の日程は、コロナウィルスの状況が落ち着くまで、即座に決定できる状況にありません。講師のティモシー・ノード氏と相談しながら再確定し、改めてご案内をいたします。

ご理解、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

ティモシー・ノードWS担当: 久賀

ティモシー・ノード カリグラフィーワークショップ 東京会場決定のお知らせ

未定(東京23区の予定)となっていました、ティモシー・ノード カリグラフィーワークショップの東京会場が決定いたしましたので、お知らせいたします。

WS ①  紋章作成クラス / Heraldry

日程:2020年4月10日(金)~12日(日)  10:00~16:30

会場:江東区文化センター

4月10日(金) 美術室(3階)

4月11日(土)・12日(日) 第5研修室(3階)

  • 初日だけ部屋が異なりますので、ご留意ください。

 

WS ② 日本の”紋”をベースに金と絵具で描くイルミネーション

Illuminated Design based on a Japanese “mon”, in gold and colours

日程:2020年4月14日(火)・15日(水) 10:00~16:30

会場:江東区文化センター 美術室(3階)

 

スライドレクチャー 東京会場

タイトル:紋章画家&写字者-Herald Painter and Scrivener

日程:2020年4月11日(土)18:30 – 20:00

会場:江東区文化センター 第5研修室(3階)

受付開始 18:00 ※当日のワークショップ終了後、継続して実施

 

江東区文化センター アクセス https://www.kcf.or.jp/koto/access/

■ 電車 東京メトロ東西線「東陽町」駅から徒歩7分程度

■ バス 複数路線あり 詳細は上記リンクにてご確認ください。

2020年1月10日現在、ワークショップは満席ですが、スライドレクチャーには東京会場・大阪会場ともに数席の空席がございます。ご興味のある方は、早めにお申し込みください。よろしくお願いいたします。

ワークショップ担当 久賀  真弓